祇園ホテル隣の石の2階にある喫茶店

| トラックバック(0)

写真.JPG



京都の八坂神社の石段下、祇園ホテルの隣の石の2階にある喫茶店です。

僕の学生の頃からあるので、ずいぶん昔からこのデザインのままあります。

この素材の力強さとこの有機的なフォルムが何とも60年代のジャパニーズモダンを彷彿とさせます。時間を経た「味わい」のようなものは感じますが、決して古さは感じません///というか商店建築の来月号に載っていたとしても不思議ではありません。デザイナーは誰だろう?大学のヤギタカシ先生に聞いてみたら、建築は三澤建設設計事務所ということでしたが、インテリアデザインがこの設計事務所なのかまでは定かではありません。

この様に商業建築が変わらず存在し続けることは非常に稀です。それは、その空間を維持していく為の環境、最低限の経済状況も必要ですし空間を所有するオーナーの意識も必要です。結局、クライアントの愛情と経済がインテリアデザインの寿命を決めるのです。クライアントは偉大だな。

そういえば、博多の吉村順三先生の設計された「河庄本店」に行った時もこの様に感動したなあ。




(辻村久信)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.tsujimura-hisanobu.com/mt/mt-tb.cgi/219

カテゴリ

アーカイブ

powerd by gridgraphic