銀座あけぼの 武蔵小山店

Ginzaakebono Musashikoyamaten

PHOTO : 繁田諭写真事務所/繁田諭

SPECIFICATIONS

所在地
〒142-0063 東京都品川区荏原3-4-15 朝日ビル1F (パルム商店街内 パルム4)
142-0063 Asahibuilding 1th floor 3-4-15 Ebala Sninagawa-ku, Tokyo
WEBSITE
http://www.ginza-akebono.co.jp
竣工年
2019
階数
1F
フォトグラファー
繁田諭写真事務所/繁田諭

NOTES

武蔵小山駅前の再開発計画「パークシティ武蔵小山ザ・モール」の一画に設計したおかきを中心とする和菓子のショップ。

関東を中心とする商業施設に多数出店をする銀座あけぼのは、ブランディングにおけるイメージ戦略の一環として、販売環境もデザインレギュレーションを決めて展開しています。この武蔵小山店は、直近の新しいデザインレギュレーションによって設計されたものです。

銀座あけぼのの主力商品であるおかきの原料である餅米をダイレクトに伝える「純白」の色のメッセージを、無垢の白木材(ホワイトアッシュや檜)手漉き和紙を使って、それぞれの素材本来持っている色の組み合わせによる陰影によって空間を構成しています。特に商業施設の物販店の様な周辺情報の氾濫する環境ではメッセージにスピードを要求されます。ただし、それが単純に強い刺激となってインパクトを与えるのでは無く、より感性の近い層に向けて琴線に触れるデザインを心がけます。ここでは、銀座の街を連想させる「風にそよぐ銀座柳」の一瞬を切り取る情景を、唐紙用にデザインされた柳柄の版木をネガポジ反転させて立体にした木彫によって製作し壁装とする事で、銀座あけぼのであるという直感的で強いアイコンを創り出しています。木彫は京都の指物師・村山伸一によって製作されています。